ゲスト 19人 と メンバー0人 がオンラインです

BIU World Network BIU English BIU Español BIU Português BIU Français BIU 中文 / Chinese BIU 日本語 / Japanes BIU Русский BIU Arabic / العربية
  • 研究の手引き
    研究の手引き
  • 研究の手引き
    研究の手引き
  • 研究の手引き
    研究の手引き
  • 研究の手引き
    研究の手引き
A A A

Bircham International University

 

オンライン学習

 

効果的なオンライン学習の中核は、読書、理解、記憶です。 さらに詳しい情報は...

 

 

オンライン学習のヒント

 

読解を改善する方法

 

読解を改善する方法


1.読む速度とは何ですか?
読解と知性との相互作用を説明するために、運転の例を見てみましょう。車を毎時45キロから90マイル(約72キロから145キロ)に加速すると、脳はこの新しい速度に適応し、より速く情報を同化する傾向があります。後に毎時60マイル(約97キロ)まで減速すると、脳ははるかにスピードが落ちたことを私たちに感知させます。私たちが加速することで、脳はより多くの情報を短時間で処理せざるを得なくなります。したがって加速の後、減速しても脳は同じ時間で以前より多くの詳細情報を知覚するようになります。この例は読書にも応用できます。読解の速度が増すと脳は状況に適応し、短時間でより多くの情報を同化することができます。大学生の読書速度は平均200ワード/分ですが、速読のトレーニングによって同じ学生が800から最高1000ワード/分までスピードを向上させることができます。

2.読解速度:練習
速読法の価値と有効性を考慮すると、非能率な読書習慣から抜け出して、新しくより効率的な手法を開発すべきです。適切な読書習慣を身につける基本的なルールは、練習、練習、そしてさらなる練習です!記憶ではなく読む速度に重きを置くトレーニングを行うことが重要です。運転中、加速によって脳に及ぼす影響と同じ効果を引き出しましょう。


3.読書の目的に応じて最適の読解速度を選びましょう。

*自宅学習のための読書150~250ワード/分:
これは理解を深め、複雑な問題や新しい語彙に対応するための速度です。

*速読(400~800ワード/分):
復習、レポート、要約、および既読の書籍を読む際に理想的なスピードです。

*予備的な読解(500~1000ワード/分):
最初に書籍に目を通す際に適切な速度です。短時間でテーマ、要点、重要な詳細を認識します。最も大切なことは、読者が内容をしっかり同化することです。書籍を一読しながら、その長さや構造、主要概念を特定します。書籍を学習する準備ができたら、直ちに核心に迫ることができます。速読によって前後の章を調べることができるほか、学習能力を高め、要点を網羅し潜在的な問題に答えることもできます。そのため書籍を章ごとに学習する場合、時間が節約できるこの予備的な読解は非常に有効です。


4.多くの人々はなぜ本来可能な速度よりも遅いペースで読書をするのですか?
残念ながらこの現象は、幼児期の発達段階で得た非効率な読書習慣に基づいています。ある行動が長期にわたって規則的に繰り返されると習慣化します。私たちの読書の仕方は癖になっているのです。幸い読書習慣は、個人の性格やそれにかける労力にもよりますが、比較的短期間で改善できる簡単なプロセスです。成功への鍵はここでも、練習、練習、そしてさらなる練習です。

読む速度を高める利点はいくつかあります:
*何が重要であるかを特定し、二次的要素を切り捨てるための時間を得ることができます。
*書籍の要点をより早く簡単に同化することができます。
*より明確に理解することで、効果的に記憶に残ります。
*特定のテーマについて深く学習する時間が増えます。


5.一般的な読書習慣を正します:

均一的な読解速度:書籍によって内容の複雑さは異なります。ですから書籍の難易度や、特定のケースにおける読書の目的によって、読解速度を変化させます。

低速:ゆっくり読むとその内容が断片化し、認知が制限されます。速読すると概念や考え方をより明確に同化することができます。

非効率的な目の動き:読書中、目は既読の箇所に戻って、同じ行をもう一度読む傾向があります。また次の行に進む際、目は次行の最初の単語に直接注目せずに、無意識のうちに数分間さまよってしまうことが良くあります。

限られた目の知覚範囲:目が文章を追う際、通常は3~4語を認識します。この非常に低い目の知覚範囲は、幼少期に一語ずつ読むように教えられた非効率な読書習慣に由来します。目はトレーニングすることによって、文章を読む際に12語まで知覚することができるようになります。

頭の中で音読する癖(Sub-vocalization):この習慣は聴覚の再確認とも呼ばれ、目が文章を追うごとに心のなかで、もしくは声を出してそれぞれの単語を発音します。低い目の知覚範囲と同様、この習慣は、教師が文字をきちんと発音できているかを確認するために学生に声を出して読ませたという幼少期の学校授業に基づいています。この習慣によって読むスピードが、一般的に読書よりはるかに遅い話す速度まで制限されてしまいます。きるだけ早く正した方がよいでしょう。

注意散漫:内的、外的に気が散ると読解力に影響します。なぜなら集中力が途切れ、情報を同化するために、同じ文章を繰り返し読まざるを得なくなるからです。

 

 

 

オンライン学習のヒント

 

理解力の高め方

 

理解力の高め方


知性とは新しい概念を同化し、異なる考え方との関係性を見つけ出し、読解、計算、暗記、想像など私たちの認知スキルを活用して新しい状況に適応することを可能にします。連想、観念の関連付け、概念の理解は単なる暗記作業よりもはるかに重要です。これらの認知スキルを発展させると、アイディアを関連付けて記憶をつなぎ合わせることがより容易になります。


1.文章をよりよく理解するためのヒント
文章の大部分は、いくつかの構造パターンに沿って編成されています。読んだことを理解し記憶するには、まず文章の情報を整理する必要があります。そのためには手元にある文章の構成を認識するのが最も効率的です。この方法は課題を発展させて発表する際に非常に役立ちます。読書をするときは、概念を理解、同化し記憶するために構成に沿って考えをまとめる必要があります。さもなければ単なる無秩序なアイディアの塊を得るにすぎなくなってしまいます。


2.文章整理における最も一般的な構造:

*問題/解決
問題:もっと多くのお金が必要です。
結果:収入より支出が多いです。
原因:失業です。
解決策:仕事を探したり、軍に入隊するなど。

*見解
見解:次の大統領は女性であるべきです。
理由:女性は良い管理者であり、戦争を始める傾向が低く、他人に対してより思いやりがあります。
結論:女性候補者に投票してください。

*論文/研究
論文:アルコール依存症は・・・。
研究と実験データ:最新の室内実験では・・・。
結論:成人のアルコール中毒を防ぐ方法。

*解説
目的:通知すること。
発表:主題の要約。

*教示
目標を設定:ゆで卵を食べるために・・・
第1ステップ:冷たい水を入れた鍋に卵を入れます。
第2ステップ:鍋をコンロに置きます。
第3ステップ:それを沸騰させます。
目標達成:10分で、ゆで卵ができます。


3.理解のプロセス:

*解説:概念やアイディアの特徴を提示します。
*定義:主な要素と特性を明記します。
*分類:概念、アイディア、物事の異なる部門、グループ、サブグループを識別します。
*比較:2つ以上のものの類似点と相違点を発見します。
*帰納:詳細を学ぶことで一般的なルールを確立します。
*推論:一連の論理演算を行った後、最初の前提に基づいて結論を導き出します。
*分析:ある構造を構成している異なる要素を分解します。
*統合:全体から最も基本的な側面を抽出し、一般的に、“~の一部として”、“~次第である”、“~に起因する”などと表現される言葉を参照して、内在する関係性を理解します。

 

 

 

オンライン学習のヒント

 

記憶力を改善する方法

 

記憶力を改善する方法


1.同化を暗記と混同しないでください。
自宅学習の際、読書の内容を簡単に理解•同化でき、非常に快適に思うことがあるでしょう。しかし習得したと思ったことを数時間後にはほぼ忘れてしまっていることに気づきます。人間の脳は理解と同化について無限の能力を持っていますが、記憶力はとても限られているのです。ですから、より多くの考えを吸収するためにさらなる時間を費やす場合を除いて、記憶力を効果的に管理することが重要です。


2.自宅学習に3時間以上は費やさないでください。
理解すると同時に記憶して最大限に学習を高めようとするならば、記憶力とは自宅学習を開始して2時間後には50%、3時間後には30%にまで徐々に低下することを意識してください。つまり一日2~3時間以上は学習しないようにしましょう。


3.戦略的に休憩をしてパフォーマンスを向上してください。
自宅で学習すべき課題のリストを達成するにあたって、一日3時間以上が必要な場合は、戦略的に疲れを癒しましょう。さもなければ脳が強制的に休憩を要し、あなたは突然全く関係のないことについて考え始めます。そのため、主題に集中するのが益々困難になります。脳がしっかりと休憩をとるために、こうして自然に集中力が低下するのです。

ヒント:自宅学習を30~40分行うごとに5~10分休憩を取ってください。そうすると学習開始時の記憶力を回復することができます。よい休憩とは軽食を取ったり、電話をすることではありません。深呼吸や昼寝をして精神をリラックスしてください。


4.長期的な復習を習慣づけてください。
多くの学生や専門家が忘れがちですが、短期的な記憶と長期的な記憶を意識するのはとても重要なことです。学習のプロセスを復習するのは非常に大切です。なぜなら学習したことの80%は24時間後には失われてしまうからです。

ヒント:章、書籍、テーマを学習した後、最大限に有益な復習をするには、翌2日間、戦略的に10分間ずつ復習します。1週間後にこの復習のセッションを繰り返し、さらに学習してから1か月後、6ヶ月後にも同じことを繰り返します。この簡単な復習を反復した後は、概念を再び復習し思い出すには毎年たった10分あれば十分になるでしょう。


5.良質な栄養を吸収してあなたの記憶力を改善してください。
時間とともに悪化する最初の知的能力は記憶です。平均的な大人では、この劣化は30歳で始まります。その後も行動を改め、能力を伸ばし、あなたの生活を活性化するためには、長期記憶として情報を保存し、それを検索する能力が非常に大切になります。この能力が低下すれば、人間はオートマンになり新しいことを学ぶことができずに、習慣を繰り返し、時とともにさらに遠くなる記憶を思い出すことだけしかできなくなります。ニューロン間の情報交換を可能にする神経伝達物質の量は、特定の情報がどのように記憶されるかを決定します。この神経伝達物質が不十分であると、記憶されたデータが歪曲されていくのです。

 

 

 

レポート課題の体裁、書籍の理解、知識レベル、事務手続きに関する疑問はすべて、担当のBircham International University事務局が対応します。事務局は、講師陣の中から該当する指導者と連携して、あなたの質問に回答します。 さらに詳しい情報は...

 

 

BIU事務局 - 連絡先 ...
ご質問・ご相談など、お気軽にご連絡ください。

 

お客様の声

卒業写真

教師のリストを見る

BIUオフィス